FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

案山子戦記:控訴前

今となっては随分昔のことなので記憶が定かではないが・・・、確か、オイラが案山子さんから相談を受けたのは、判決直前か直後だったと思う。
ん!?
直前だったかな?
確か・・・。


【これは異なこと、不可思議な・・・】

案山子さんの言によると、この判事は当初、判事主導で和解を促したそうな。
金額は過払い金の3分の1だったかな、確か相当安かったと記憶している。
これはおかしい。
案山子さんの案件は(見た目)フル時効案件。0か100しかない。オールじゃなきゃナッシング。どちらかに決まっている。
オイラは「コレ」を実は判事は「過払い金の受領=不法行為」と考えている証拠だと思った。
コレが判事の本音なのだと。。。

そうでなきゃおかしい。。。

【和解案を一蹴】

やっすい和解を提示された案山子さんはどうしたか?
蹴った。
そこで本格的に判事を敵に廻した。
これが地裁での出来事だ。
こんなものなのだ。(バカボンのパパ風に)


【慰謝料100萬円也】

オイラがどうやって準備書面を作るか?
この一連の記事は「メイキングオブ準備書面」という側面をも持たせようと意図している。
そこで・・・。

帝王野良っちの名において糞蠅どもを召喚す。
出でよ、糞蠅ども。
2ちゃん借金板準備書面スレッドに我がブログを貼り付けよ!

つーわけで「何故、慰謝料100萬円か?」

100万円の慰謝料など認められるわけがない。んなこと最初から想定済み。
訴額を140万円超過(「以上」ではない。)にして、地裁で審理させようとしたのだよ。
これを(たぶん)「訴訟額の水増し」と言うらしい。
ところが、こういう「姑息」な手口ってのは判事は嫌うようだ。
どこかの弁護士先生が書いていた。判事の心証が悪くなるらしい。

んー。話が横道に反れそうだ。。。


【馬っ鹿じゃなイカ?】

完全にOB。
判事なんてのはルールブックを読み解く人でいい。
原告、被告のどちらが好みか? なあんてことでルールを捻じ曲げて欲しくない!
マシーンでいいんだよ、マシーンで。

【訴訟額の水増し】

何故、案山子さんは訴訟額を水増ししたのか?
オイラの手口を真似たんだよね。
昔のわっちスレの住人64さん(あ、ロトさんでもある。)の連れが案山子さん。
つまり、64さんが訴訟額の水増しで地裁で争うことを提案した。(たぶん、そうだった。)


【和解狙い】

訴訟額を水増しして、地裁案件とする。これは、ある意味、やや高度な技だ。
ほんでもって訴訟外で水増しした慰謝料を切り捨てて和解する。
もともと過払い元本のみを回収するのが狙いだったのだと思う。

この戦略は高度だと思う。
しかしながらデメリットはある。
判事にも「結末は和解」ということがバレバレだから、判事が結審させずにズルズルと口頭弁論を引き延ばす恐れがある。


【案山子さんの場合】

ところが案山子さんの場合はちと違った。
判事主導の和解を案山子さんが蹴ったので一発で結審、棄却となった。
これは一言で言うと。。。

判事の横暴でしかない。
「自由心証」という錦の御旗を振りかざした事実上の越権行為である。

オイラや案山子さんはクレクレの乞食ではない。
正当な権利が自分達にはあると思っているからこそ提訴している。
全く権利のない者にお金をやれと言える立場なのか?

案山子さんの案件はall か nothing だ。
半端なモノは有り得ん。


【再び言う】

案山子さんがオイラに告げたことが嘘ではなく、また、オイラの記憶に間違いがなければ、この判事は和解を画策した。
その事実は図らずも当の判事自体がどこかになんらかの法的根拠(原告主張の)を認めていることに他ならない。
法的根拠を認めてはいるが、判決を書きたくない。
これが真実なのだろう。


【↓これはなに? と聞かれたら】

案山子さんが勝訴して、前例を作ってから、前例と比較して不公平ではないか? と再審を迫ることだ。
これには再審請求の際の上告関連書類を以前のものとガラリと変える必要がある。
ん!?
ガラリと変える。。。
そんなことが通るのか?
これが2番目の難関。

従前の主張と論理矛盾しないように、少しずつ論点をずらす。小刻みに。
A=B、B=C、C=D そんな感じで少しずつずらしていって、A=F くらいまで拡げていく。
それも簡潔にわかりやすく。
これが3番目の難関。


【技です】

案山子さんから控訴審の書面を頼まれた。
そこで一審の書面をチェックした。
あちゃちゃ。。。
案山子さん、それは無理でんがな。

ここの部分↓

「時効の開始時期は最終取引日から10年」というH21.1.22最高裁判決により無効、との主張は失当である。
「最終取引日」とは「最終入金日」「完済日」とはされていない。被告は平成6年9月○○日から今日まで,取引履歴,引き直し計算書によって証明された」過払い金を不当に保持し続けていることが明白である。
よって現時点では,取引終了時ではない。


ゆえに,そこで少しずつずらすことを考えた。
その「少しずつずらす」ってのを出光さんにも「どう?」と。
いつかの記事、2月21日かな?


案山子さんと出光さんの文章は良く似ている。
ただの黒い点の集まりでしかない文字の間から沸々と怒りが滲み出ている。

(ここで「jboy」にやっと繋がる。で記事が完成っと。)




J boy

スポンサーサイト

theme : 過払い金を取り戻そう!
genre : ファイナンス

comment

Secret

プロフィール

野良115

Author:野良115
初めまして! 野良115です。

つ⌒スプーン

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カウンター

シチュー引きずり回し

黒メイド時計

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。