FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暑いんだお!!

名古屋弁起死回生…。

アコム支援の答弁書(準備書面か?)も作成途中なのだが…。


【名古屋弁起死回生】

このままでは無理!
でも、手はある。
まず、相手の主張を認めること。
「貸す義務」などないと。
これは致し方ない。

何故なら。。。


【オイラの持っている基本契約書】

アコムさんではない。しかしながら基本契約書を持っている。
その中に「債権者の都合により」「貸し出し中止を承諾」こんなのがある。
自動更新条項があるけれども、如何せん、時間の経過は否めない。
「貸し出し中止しますた」で終わる話。


【抗弁】

名古屋弁はまず「貸す義務」を諦めること。
次に。。。
「認められないのなら」
「少なくとも」
で、反論の機会を繋ぐこと。

基本契約書というものは、将来の継続的金銭消費貸借契約を想定し、取引条件を定めているもの。
キーワード「継続的」「取引」
つまり、第一取引、第二取引、以下続くという想定。
有効期限到来後も債務があった場合、どうなるか?
契約は自動更新され、次の(新しい)有効期限の第一取引(最初の取引)に持ち越される。
また、同一の有効期限内の第一取引に過払い金があった場合、どうなるか?
第一取引の過払い金は当然、第二取引に充当される。
では、同一の有効期限内でなかったら?
同じだ。
次の有効期限の第一取引に充当されて当然。
債権債務ともに次へ次へと充当(?)されるわけで、そうでないと不公平だ。
いわば「継続的」と「自動更新」という条件があれば、充当合意を内包しているといえる。


貸主が「次回の借入れはないだろう」と一方的に契約は終了していると判断したとしても、
過払い金が存在しているので、少なくとも清算には応じなければならない。
清算に応じずに契約は終了と解するのならば、貸主を不当に利することになる。
基本契約に基づいた「貸す義務」など存在しなくても、利息制限法に基づいた「返す義務」は存在する。
そうでないと貸主は利息制限法超過の利息を収受することになる。

基本契約の終了を突っぱねること。
「継続的」という文言での「充当合意」だけ生きているのが基本契約。。。


通常、著作権なんかでの包括契約では互いの利便性を確保するために基本契約というものは締結される。
では、金銭消費貸借契約での利便性とは?

つ「継続」だな。。。

大きなお皿(=基本契約)の上に次から次へと料理を盛る。
この料理が第一取引、第二取引、以下続く。。。

基本契約とは充当合意に他ならない。。。


【和を乱す者】

名古屋弁というのは会員数64名。
たかが、それくらいの組織に過ぎない。
4月22日判例で極度額は元本でないことが明らかにされた。当然だ。
この判決を受けて。。。

名古屋弁の内部は割れている筈。
主流派と反主流派、ノンポリと3つに割れている。。。
組織なんてものはそんなもんだ。
年会費3000円。
お付き合いで入会している人だって多い。

オイラがガタガタ揺さぶっているのは。。。

反主流派の若手の中から「まとも」な人が育って欲しいから。


つ「4月22日」
名古屋弁の限界。。。


【予言】

これは予言だ。
名古屋弁のアノ主張は敗れる。
そこで・・・。

そこからが名古屋弁の・・・。
というか弁護士の本領発揮なのだろう。。。

どう変わっていくか、見物だ。
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

野良115

Author:野良115
初めまして! 野良115です。

つ⌒スプーン

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カウンター

シチュー引きずり回し

黒メイド時計

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。